自動車やバイクを借りて運転することがある

自動車やバイクを(他人から)借りる場合には、どのような保険が付いているのか、あなた自身が確認しておく必要があります。
借りた自動車であなたが事故を起こした場合、補償されないことがあるため、注意が必要です(例えば運転者の年齢が制限されている場合や、運転者の範囲が限定されている場合など)。こうした場合は、ドライバー保険に加入するなどして、あなた自身で備えておく必要があります。

なお、レンタカーを借りる際には、自動車保険も同時に加入するのが一般的です(通常、レンタカー費用には保険料も含まれています)。
このため、レンタカーの運転中に事故を起こした場合でも、基本的な補償は受けられます。ただし、免責金額(自己負担額)が設定されていることがあり、その場合は事故の損害額の一部を自己負担することになります。
詳しい補償内容はレンタカー会社によって異なりますので、レンタカーを借りる時に確認してください。

*以上の説明は日本の法律や慣行に基づいたものであること、および、一例を示したものであることにご留意ください。実際には、個別のケースによって異なります。