ケガや病気に関するリスク

日本には公的医療保険制度があり、短期滞在等の場合を除いて、外国人居住者にも加入が義務付けられています。

ただし、公的医療保険制度では治療費の全額は補償されないため、一定額は自己負担する必要があります。
特に、入院や手術の費用を工面しなければならない場合、突然の大きな出費や支払が困難な事態に直面することになるかもしれません。
例えば、1日あたりの平均的な入院費用は、2万円近くにのぼります。

ケガに備えるため、傷害保険に加入していると安心です

多くの損害保険会社では、次のような保険を提供しています。

*以上の説明は日本の法律や慣行に基づいたものであること、および、一例を示したものであることにご留意ください。実際には、個別のケースによって異なります。

傷害保険に加入するには

損害保険会社および損害保険代理店にご相談ください。

なお、契約をする前に、約款の用語や契約条件などについて日本語が分かる知人に相談しておくとよいでしょう。

*損害保険契約は約款に基づいているため、契約の際にはあなた自身が補償内容等を理解しておく必要があります。日本の損害保険会社でご用意している約款は、日本語のみとなります。

傷害保険はケガに備える保険であり、病気の場合は補償しません。

病気で入院・通院・手術を受けた場合には、高額な治療費を負担する可能性がありますので、傷害保険とは別に備えておく必要があります。

病気に備えるため、医療保険に加入していると安心です

多くの損害保険会社では、次のような保険を提供しています。

*以上の説明は日本の法律や慣行に基づいたものであること、および、一例を示したものであることにご留意ください。実際には、個別のケースによって異なります。

医療保険に加入するには

損害保険会社および損害保険代理店にご相談ください。

なお、契約をする前に、約款の用語や契約条件などについて日本語が分かる知人に相談しておくとよいでしょう。

*損害保険契約は約款に基づいているため、契約の際にはあなた自身が補償内容等を理解しておく必要があります。日本の損害保険会社でご用意している約款は、日本語のみとなります。