自動車やバイクは運転しない(例:自転車を使う)

自転車は通勤や通学に便利な乗り物ですが、自転車が関係する事故は日本でも頻繁に発生しており、社会問題になっています。

実際に、自転車事故の加害者が9,000万円を超える損害賠償金を命じられた例もあります。
この点を考えれば、自転車に乗る際には、保険で備えることが必要です。

≪ 自転車事故における損害賠償責任 ≫
自転車事故の加害者は、刑事責任・民事責任の両方を負うことになります。

  • 刑事責任:相手を死傷させた場合、刑法上の罪を問われます。
  • 民事責任:相手に対する損害賠償責任を負います。

自転車事故に備えるため、個人賠償責任保険と傷害保険に加入していると安心です

自転車に乗る際には、2種類のリスク(あなた自身のケガ、他人への損害賠償)に備える必要があります。
多くの損害保険会社では、次のような保険を提供しています。

*以上の説明は日本の法律や慣行に基づいたものであること、および、一例を示したものであることにご留意ください。実際には、個別のケースによって異なります。

個人賠償責任保険または傷害保険に加入するには

個人賠償責任保険は、自動車保険や火災保険等の特約として契約するのが一般的です。
このため、既に自動車保険や火災保険等に加入している場合は、これらの保険とあわせて契約することができます。加入時の損害保険代理店にご相談ください。
また、傷害保険は損害保険代理店で契約できます。

なお、契約をする前に、約款の用語や契約条件などについて日本語が分かる知人に相談しておくとよいでしょう。

*損害保険契約は約款に基づいているため、契約の際にはあなた自身が補償内容等を理解しておく必要があります。日本の損害保険会社でご用意している約款は、日本語のみとなります。